「Webデザイナー」と聞いて、どのような職業を想像しますか?
Webデザイナーは、さまざまなWebサイトのデザインを行う仕事で、Webサイトの見栄えだけではなく、そのサイトの目的やコンセプトを考慮し、ユーザーにとって、どこに何があるか、分かりやすく使いやすいデザインの作成をすることが求められます。
一般的には、Webディレクターを中心にデザイナー、コーダーとタッグを組み、ひとつのWebサイトを作り上げていきます。
そんなWebサイトを作るデザイナーって、実際はどんな人たちなんだろうという疑問にお答えするため、サンカクカンパニーのWebデザイナーたちにQ&A形式で質問してみました。

 

 

 

何歳くらいのデザイナーが担当してるの?

 

半数近いメンバーが経験を積んできた30代。
さらにベテランの先輩と流行に敏感な若い世代の組み合わせは向かう所敵なしですね。

 

 

 

デザイナーになったきっかけは?

 

好きな事だからこそプライドを持って仕事してます。好きな事だからこそ追求したくなるんですよね。

 

 

 

男女比は?

 

会社全体から見ても男女比はほぼ同じ。
案件によっては男性向けか女性向けかでデザイン担当決めたりと柔軟な発想で取り組んでいます。

 

 

 

入社前は何をしてた?

 

Webの知識だけではなく、エンジニアなど他業種の知識もお仕事に活きてるのかもしれません。
紙の方面で活躍していたメンバーも多数いるので、Webだけではなく印刷関係も得意とするのが弊社の強みです。

 

 

 

デザイナー歴は何年くらい?

 

20年以上の大先輩のノウハウを生かしつつ、後に続くメンバーと安定した体制で厳しくも楽しくやってます。

 

 

 

どんなデザインツールが使える?

 

Web制作に欠かせないフォトショップは勿論、最新のXDもみんなが使えます。
その他にも動画編集、ロゴやイラストなんかもお手の物。

 

 

 

デザイン以外に興味があることは?

 

趣味から新しい発想が産まれる事もあります。
日々アンテナを高くして生活しているから様々な分野に興味が出てしまうんです。

 

 

 

いかがでしたか、Webデザイナーを少し身近に感じてもらえましたでしょうか?
Webデザイナーは、クライアントのニーズに答えるべく社会情勢やデザイントレンドにアンテナを張り、さらにマーケティングやSEO、サイト解析まで、幅広い知識を身につけることが必要なっています。
私たち、サンカクカンパニーのWebデザイナーも、日々研鑽を積んでいます!

 

 

(2019年9月5日現在)